男の人

薄毛対策で髪の悩みを無くす|フサフサヘアの入手法

病院選びは慎重に

医者

抜け毛防止は可能

薄毛治療を皮膚科で受けようとする場合には、いくつか心を配るべき点があります。まず重要なポイントは、皮膚科は、薄毛治療の専門科ではないということです。皮膚科にかかると効果的な事例をご紹介しましょう。頭皮に湿疹や炎症などが起こっていて、これが原因で薄毛となっている場合です。この場合は、頭皮の問題ですから、皮膚科にかかれば、問題が解決しますし、健康保険などの適用もあり、コストを抑えることもできます。また、皮膚科では、AGA治療の一環として、プロペシアと呼ばれるフィナステリド成分の薬の処方を受けることができます(ただし保険の適用はありません)。これで、抜け毛を防ぐことは可能です。ただし、髪の毛を増やしたいという発毛や育毛の観点からすると、皮膚科はあまり効果を発揮しません。この点は、あらかじめ十分注意しましょう。

発毛は専門病院をおすすめ

皮膚科で薄毛治療を行った場合には、初診料や診察料、プロペシアの処方代金などで、1ヶ月あたりおよそ8000円から10000円ほどかかってきます。ここで重要なのが先ほどの注意点の発毛に効果があるわけではないということです。仮に年間10万円かかるとして、それを維持しようとすれば、長期間その料金を支払い続けなければなりません。一方で、専門病院で薄毛治療を受ける場合には、月額15000円から30000円がかかってきます。しかしながら、発毛効果も期待できる分、コストを抑えられる可能性があります。3ヶ月から4ヶ月という短期間で、髪の毛が増えたという専門病院も多くあります。これを考えると、年額10万円を支払い続けるよりは低コストで済む可能性は十分にあります。皮膚科と専門病院のいずれが良いかは十分に検討した上で決定しましょう。